金沢美術工芸大学アートプロジェクトチーム[スズプロ]KANAZAWA COLLEGE OF ART "ART PROJECT TEAM [SUZU-PRO]"

日本

金沢美術工芸大学アートプロジェクトチーム[スズプロ]
奥能登国際芸術祭を機会に結成された、金沢美術工芸大学の分野を越えた教員と学生のチームです。日本海と共に発展してきた珠洲の歴史的・社会的背景をふまえ、「静かな海流をめぐって」をテーマとして、飯田地区の古民家での作品展示を中心に、上黒丸地区とも連携した取り組みも行います。
平成28年4月から活動を開始し、フィールドワーク等を通じて奥能登文化を中心に環日本海を見渡した調査研究を行っています。平成28年7月には、これまでの成果をカルチュラルタイフーン(東京芸術大学)などで発表。その他、ヨバレや燈籠山祭り等に積極的に参加しながら、地域交流を深めています。
アーティストWEBサイト
http://www.kanazawa-bidai.ac.jp/

展示作品

作品No.22静かな海流をめぐって

会場となる旧家は明治期に建てられた。地元から聞き取った話をもとに描いた「奥能登曼荼羅」や家に残された膨大な「モノ」でくみ上げてつくられた「いえの木」など、屋敷全体を使ったインスタレーションにより、建築自体が語りかけてくる珠洲の歴史・生活が増幅される。
展示エリア 飯田地区 古民家

これまでの作品